画塾の信念

2018年 合格者の声[29名分・順不同]


岩永

  画塾で一年間浪人して金沢美術工芸大学に進学することになりました。初めて画塾に来たのは中学生のときで、アトリエ開放などに参加し、高2から日曜部に通い始めました。画塾には長い間お世話になりました。制作は楽しいことばかりではありませんでしたが、目標としている作品に近づけるために必死に考え、努力し、成長を実感できたときはとても嬉しかったです。目指していた東京芸大に合格することはできませんでしたが、確かな力が身についたことに満足しています。生徒一人一人のことを考えて丁寧な指導をして下さった先生方、苦しい時に支えてくれた友達、そして美大進学を応援し力を尽くしてくれた家族に感謝しています。本当にありがとうございました。

中野

  美術研究所画塾には浪人中の2年間お世話になりました。二浪目で志望大学を変更したこともあり浪人期間中は様々な課題に取り組んめたので、作品制作に対するアプローチの仕方や物の見方、考え方をより深められたと実感しています。画塾は生徒の在籍人数や講師の方々の指導方針を鑑みても、自分のやりたいことや伸ばしたい部分をじっくりと見つめて制作に打ち込める環境です。先輩方の参考作品も豊富にあるので、毎回の制作の中で見つかった反省点や疑問点を照らし合わせて問題の解決に役立てることもできます。受験対策の中で作品を作っていく上で反省することも大切ですが、制作の中で成功した部分を次の制作に活かしていくことが重要だと思います。一度の成功体験で自分のモノにできるとは限らない事も多くあります。その為には積極的に自身の過去の作品を振り返る事や、同じ課題内容でリトライして作品を作る事も必要かもしれません。その上で、多くのことにチャレンジすることも自分の表現の幅を広げる為には必須だと思います。自分の好きな作品から技術を盗むつもりで制作するのも良いでしょう。これから志望校合格に向けて頑張ろうとしている皆さんに良い結果が訪れるよう応援しています。

山本

  私は絵を描くことが好きです。私が好きな事でお金を稼ぎたいと考えてから4年が経ちました。美大受験を甘く考えていた現役生の2年間、気持ちを入れ替えるために別の環境に移って美大受験に挑んだ2年間。長いようで短かったです。美術研究所画塾では、いい先生に恵まれいろんな経験をつむことができました。私が講評の時間に先生のアドバイスに不満を感じいろいろ質問しても先生は嫌な顔せずに丁寧に教えていただきました。ご迷惑をおかけした先生方本当にすみませんでした。私が二浪していく大学は第5志望の大学です。結果に満足はしていません。「努力は必ず報われる」という言葉がありますが、私は報われませんでした。他の人から見たら私は努力してなかったかもしれません。私は間違えなく努力しました。(自分で努力したって言う間は努力してないかもしれませんね)努力したうえで報われませんでした。でも、二浪で勉強した事はすべてが無駄ではないと思っています。必ず勉強した事が必要になる日が来る。だから私は二浪したことには後悔してません。結果はともかく今回私はやっと夢を叶えるためのスタートラインに立つ事が出来ました。スタートラインに立つまでにたくさんの人が私の背中を押してくれました。私のワガママに付き合ってくれた家族、応援してくれた友達、たくさんアドバイスをくれた先生。感謝しかありません。本当にありがとうございました。大学では浪人生活ではできなかったこと、学び足りなかったことを含め、新しいことを妥協せずたくさん勉強しようと思います。

石井

  私は高校3年時に油画科土日部、一浪の時に昼間部でお世話になりました。初受験では東京芸術大学一本で挑み自分にはこの大学しかないんだと頑なに考えていました。しかし、画塾で制作する中で自分は受験生であるがそれは今だけであって一人のアーティストとして生きるのはこれから何十年もあるということに気づかされました。それからは、大学に入ってから卒業して社会に本格的に関わっていく上で生かせるような制作をしようと思い、その頃から作品の魅力がぐんと出るようになったと感じます。一つ心残りなのは、世界の作家さんにもっと触れておくべきだったこと。画塾ではたくさんのことに気づき、学び、成長し大学で自分の制作に自信をつけさせてもらえました。

藤

  3年の夏、スランプに陥っていた私を立ち直らせてくれたのが画塾でした。頭の中がごちゃごちゃしていて、何をすれば良いのか、どのような作品を描けば合格出来るのかずっと悩んでいました。そんな中、箱崎画塾研究所に入塾しました。画塾の先生方の分かりやすいご指導のお陰で、段々と作品を描く時の考え方が自分の中で構築されていくのが分かり、受験当日の自信に繋がりました。第一志望の大学に合格出来たのも先生方のおかげです。感謝の気持ちでいっぱいです。約半年間お世話になり、ありがとうございました。

長澤

  私は高3の夏頃から入塾したのですが、半年という短い期間でデッサンや色彩構成の実力をぐんぐんと上達させることができました。画塾の先生方の的確なアドバイスを受け改善策を模索したり、同じ志をもつ仲間の作品を見て刺激を受けたりと、画塾での日々は私にとてもよい影響を与えてくれました。入試前の大切な時期にインフルエンザにかかってしまい、画塾に来れなくなってしまった時にも、先生が送ってくれた課題に取りくむなど、怠け者の私に頑張る機会を作って貰えたのが一番大きかったです。先生方や一緒に成長し合える仲間がいなければ間違いなく美大には合格していなかったと思います。

橋川

  この画塾には高校2年生の頃から、夏期講習や春期講習、直前講習などでお世話になりました。この画塾は自分より高いレベルの方々と同じ部屋で制作することにより、たくさんの刺激をうけることできる素晴らしい環境だと思います。私は普通科で美術部だったわけでもなく、美術系の進路に関しては不安だらけでしたが、画塾の先生方がとても親切に話を聞いてくださったり、同じような質問に何回も根気強く答えてくださったおかげで、受験を無事に乗り越えることができました。推薦入試前は絶望的だった平面構成が、前期入試前にはいつの間にか楽しくなっていたのも先生方の丁寧なご指導のおかげだと思います。この画塾に通って本当に良かったです。ありがとうございました。

荻

  私は高校2年の夏に先生、先輩の勧めで講習に参加しました。それまで部活動で一応デッサンの勉強はしていたものの、あまり集中して描けてはいませんでした。そんな中初めて画塾の緊張した環境で指導を受け、塾生の方々のレベルの高さに驚き、自分の甘さに気づくことが出来ました。それから長期休暇を利用して講習に通い、先生方にデッサンの基礎からしっかりと教えていただきました。さらに、講評でのアドバイスで自分に足りない部分が見えてきて、枚数を重ねる毎に新たな発見があり、着実に成長できているという実感を得ることが出来ました。合格することが出来たのは先生方の親身な指導、親の支え、そして励ましあった友人達のおかげです。本当にありがとうございました。

高島

  私は高校2年生の頃に美大進学を考えはじめました。その時、実技講習会が所属する美術部で行われ、それがきっかけでこの画塾の存在を知りました。講師の先生はどの人も親身になって相談にのってくれたのを覚えています。そして高校3年の夏と直前の講習を受けました。東京芸大を目指す人たちと講習を受けるのは、不安がありました。しかし、そのような高レベルの人のなかで制作に取り組んでいると、ほどよい緊張感と熱心に作品に向き合う生徒の姿がとても良い刺激になりました。このような環境で頑張れたからこそ今の合格があると思います。大学でもめいっぱいがんばります!

小値賀

  私は、高2の時に美大へ行きたいと思うようになり高3から夜間部週3で画塾へ通い始めました。普通科の高校で美術の時間が少なかったので画塾でデッサンや平面構成などに取り組んだ時間はとても有意義だったと思います。AO入試を受験した時には、先生から志望理由書の添削や事前課題のアドバイスを何度もしてもらったので緊張しつつも自信を持って面接日程臨むことができました。高2で陸上部を退部し、早い段階から受験を意識して画塾で取り組み先生方からの指導を受けることができたことが合格に繋がったと思います。

西ア

  私は地元の画塾に通っていましたが、受験生に囲まれた環境で対策をしたいと思い、長期休みは福岡の画塾にやってきました。初めて出会った同じデザイン学部を目指す同級生・浪人生に刺激を受け、もっと頑張ろう、上手くなろうと毎日気が遠くなるほど描いたのを覚えています。そんな基礎的な技術が足りていない私でも先生方が熱心に指導してくださったおかげで、無事に第一志望に合格することができました。また画塾で出会えた多くの友達も私の宝物になりました。支えてくれた両親、先生方、友達には本当に感謝しています。ありがとうございました。

古賀

  自分は夏講と直前講習で画塾にはお世話になりました。尾道市立大学を一本で、私大を受けずに挑んだのでとても不安だったけれど、受かってよかったです。一度、推薦を受けてだめだったので一般の時は本当に色々な不安があったんですけど、直前期に画塾で厳しい雰囲気の中で多くの先輩方や同級生のレベルの高い作品を見ていたので本番に先輩の描いていた作品などを思い出しながら描いたり、先生のアドバイスを意識して描いたりしていたので受かることができました。前期で受かってよかったです。画塾お世話になりました。

城戸

  私は画塾に来て良かったです。画塾では高校とは違い目指す大学が同じライバルであり仲間がいて、互いに高め合いながら成長できました。そのレベルの高い仲間がいたから頑張れたし、新しい表現にも出会うことができました。私は画塾に入ったのが大変遅かったのですが、自分の弱点やより絵を良くするための方法を丁寧に教えて頂きました。自分がしたい表現の中で一番相手に伝わりやすい方法を先生たちと話し合えたり、アドバイスしてもらったおかげで、自分だけでは越えれない壁を折り越えることができました。ここで学べることができて良かったです。私は色々な画塾の体験をした中で自分は一番ここが私にあっていました。後輩達も自分に合う所で精一杯、悔いの残らないようにして下さい。

松尾

  他の人たちにはできない体験ができてとても新鮮でした。僕はもともと美大志望ではありませんでした。進学校に通い水産関係の大学に行くはずでした。しかし高校二年生の夏、突然体が動かなくなり約1年間休学し、編入するしか方法がありませんでした。美大を目指そうと思い始めたのは編入した後からです。そこで出会った先生方と友だちの影響を受け、高校3年の夏期講習会から画塾に通い始めました。ですが、これまでデッサンをしたことがなかったので、今から始めて本当に自分の生きたい美大に合格することができるのか不安でした。けれども、画塾で指導して下さる先生方は優しく丁寧で初心者の僕でも安心でした。画塾に通い始めて1ヶ月、先生方から「大分わかってきたね。」と褒めて下さって嬉しかったです。そのおかげで自信がつき、入試の時も冷静に対処することができました。先生方には感謝しています。画塾に通えて本当に良かったです。

副田

  私は高3の9月まで部活や生徒会に所属していて、11月から週6で画塾へ通い始めました。約4ヶ月で女子美に合格することができたのは、画塾の先生方のおかげです。先生方は、芸術やデザインの知識が浅い私に、デッサン技術だけでなく色んなことを教えて下さいました。私は最初桑沢デザイン研究所を目指していましたが、補欠になってしまい、進路が不安定な私に、九産大や女子美を勧めて下さいました。その時先生から勧めらなかったら、受けることすら考えていませんでした。そんな私の道を切り開いてくれた先生方にはとても感謝しています。また、両親の支えがあっての画塾なので最後の最後まで通わせてくれた両親にはとても感謝しています。これらの感謝の気持ちを入学後も忘れずしっかりと学業に励んでいきます。本当にありがとうございました。

村上

  自分は高校1年の時に美術部に入りました。そこで初めて油絵を描いて面白いと思って将来は油絵を描いて生きていきたいなあと思いました。油絵を描いていると自分は描写をするのが楽しいと感じたので広島市立大学を受けました。落ちました。東京造形大学には受かっていたけどどうしても広島に行きたくて浪人することにしました。浪人して毎日絵を描いているとただ物を描くだけじゃ面白くないなと思い始めました。先生からも東京芸術大学をすすめられて受けようと思いました。今までモチーフを見て描いていただけだったのでモチーフの特性を活かしたり、構成したりする課題はかなりきつかったです。でも最終的にはなんとなくマシな絵が描けるようになったと思います。東京芸術大学は落ちたけどこの1年は無駄じゃなかったと思ってます。ありがとうございました。

柴田

  私が高3の時は高校が忙しく、デッサンをするということを考えられず、AO入試は受験しませんでした。しかし、浪人が決まった時にせっかく1年あるので、チャンスを増やそうと思いAO入試を受けることを決めました。デッサン自体全く初めてだったので、とても不安でしたが、画塾の先生方が1から丁寧に教えて下さいました。なので、自分が上達していくことが分かり、楽しくデッサンを学ぶことが出来ました。そして、志望校の対策もしっかりとしていただき、本番に焦ることなく挑むことが出来ました。合格発表で自分の番号を見つけた瞬間はとても嬉しかったです。この1年は私にとってとても価値のある1年になったと思います。もう1回チャンスをくれた両親や指導して下さった画塾の先生方、ずっと応援してくれた人達には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!

久保川

  私が美術大学を志したのは高校2年生の3学期頃だった。以前から絵を描くことが好きで、という簡単な理由からその道は始まったものの、晴れて大学に合格することができた現在、確かな夢が私にはできた。結果として多摩美に合格できたが、決して楽な道ではなかった。画塾に入塾した当初、私は自分の力を過信し、うぬぼれていた。周りとの差や、力不足に気づくのはそう遅くはなかった。受験前前期になると私は四六時中自分の作品の改善点を探し、アイデアを考え、次に繋げようと努力していた。しかし毎日思うようにいかず、反省の日々。補欠合格だったが、合格通知が来た時は本当に嬉しかった。合格は終わりと同時に夢の始まりでもあるから、先生方の感謝を忘れず、これからも邁進したい。

日

  私は、高校二年生の秋ごろから、画塾へ通い始めました。はじめは、高校での授業のデッサンしか描いたこともなく、どうやって描くのかもわからない状態でしたが、画塾で描き、講評を受けるうち、少しずつできるようになりました。時には、頑張ってもうまくのびず、あせってしまうこともありましたが、先生方が支えてくれました。受験においても、途中本当にくじけそうになったりあわててしまう時もありましたが、最後の最後まであきらめなかったことで、受験本番では、自分のなかで一番満足できるデッサンを描くことができました。一年半近く、丁寧に教えていただいた、田代先生と森先生、そして中村先生にはとても感謝しています。本当にありがとうございました。

谷丸

  私は高校2年の夏から美術部に入部しました。最初は下手なデッサンで、目標も専門学校だったのですが、回数を重ねるにつれて、形もとれるようになり、大学に進学したいと思うようになりました。また、高校3年から徹夜デッサン、夏期講習、直前講習等を受講して、先生方の指導、講評を受けて、自分の出来ているところ、出来ていないところ、足りていないところが明確になっていったので、描くたびにすごくデッサン力が伸びたんじゃないかと思います。デッサンでの悪いくせも直前で直すことができ、良いデッサンが直前で描けるようになったと思います。短い期間でしたが、デッサンの指導だけでなく、進路の指導まで最後まで熱心にしていただき、本当にありがとうございました。

山田

  私は、絵を描くのはどちらかというと苦手で、あまり自信はありませんでしたが、少しでもチャンスが増えるのならとAO入試を受験することにしました。はじめてデッサンをしたとき、何からはじめていいかもわかりませんでしたが、回を重ねるごとに少しずつ慣れていきました。また、私が受験した芸術情報設計学科は立体構成と制作意図の記述もあると聞いていたものの、どんなものをつくればいいのか、何を書けばいいのかなど、わからないことだらけでした。ですが、画塾で実践課題に取り組む中で、先生からの立体に関するアドバイスや制作意図の添削から、少しずつ感覚を掴むことができました。?? 当日、落ち着いて楽しく試験に臨めたのは、画塾でたくさん練習をして本番のシュミレーションができたことが大きかったと思います。国公立前期の対策にかけられる時間が減ってしまうので、受講するか迷いましたが、画塾に来て良かったです。ありがとうございました。?

松尾

  私は高校二年生の頃から画塾の先生のお世話になりました。画塾の先生方には進路相談から手伝っていただき、自分がやりたい事に一番あった大学を選ぶことができたと思います。受験や実技試験について疑問な点があればとても親切に教えてくださり、指導も平面構成などについて何もわからない私に的確なアドバイスをくださりました。画塾でのレベルの高い参考作品を見れる事もとても参考になりました。受験について私は前期で第一志望校も滑り止めも落ち、もう駄目なんじゃないかと思う瞬間もありました、ですが画塾の先生方や周りの人達の励ましにより気持ちを切り替えて次の試験にのぞむことが出来ました。周りの支えがあっての合格だったので、本当にありがとうございます。大学でも頑張ります。

木森

  私が画塾に行ったのは、2年生の秋に1回と、直前講習会の十日間でした。それまで部活にも所属しておらず、デッサンをしたのは片手で数える程しかありませんでした。芸工に進学する事を心に決めながらも、「センターで点数を取ればいいや」と実技の事は二の次でした。しかし実際のセンターでの得点は思ったようには得れず。講習会の初日、センターの結果と慣れない雰囲気にとても不安を抱いていた事を覚えています。合格発表までの十日間が本当に心が辛くて、親にとても迷惑をかけました。しかし、自分の出した作品に悔いは全くありませんでした。画塾で得た知識と経験が私の背中を押し続けていてくれたからです。私はここで夢の1歩を踏み出すことが出来ました。それ以上に、一緒に高めあった友達や素晴らしい講師の方々との出会い、そして短い間でしたが、この画塾で過ごした時間が何よりもかけがけのないものです。励まし支えてくれた家族、友達、講師の先生方、本当にありがとうございました。春から大学生!!

無津呂

  私は3年生の4月から日曜部を受講しました。高校では部活以外で美術に触れていなかったので、入塾したときの静かな雰囲気や先輩方の真剣な姿勢に刺激を受けました。画塾に入って同じ目標を持った友人ができ、身になる一年を過ごせました。先生方も熱心に指導してくださり、自分では気づかなかったところまで改善することができました。大学に入っても役に立つと思えるところも有意義な一年間でした。短い間でしたがお世話になりました。ありがとうございました。

佐々木

  私は高校3年生の10月ごろに、本格的に九産大を目指したいと思っていました。しかし、デッサンをしたのは中学の時に一度だけしかやったことがありませんでした。そこでこの美術研究所画塾に、通うことを決めました。一般試験まで3ヵ月と、かなり短い期間でしたが、先生方の熱心で、丁寧な指導の下、私のデッサン力はかなり上がりました。他の塾生の皆さんもすごく上手で、そこからヒントを得たり、色々考えさせられたりとよく刺激を受けていました。画塾に通い、初めて描いたデッサンと、その3ヵ月後の私のデッサンを見比べて、その差も明らかでした。ここまで上に上がれたのも、この画塾を勧めてくれた家族や、支えてくださった学校の先生方、丁寧に指導してくださった画塾の先生方、塾生方に感謝しています。本当にありがとうございました。

南

  私は高校三年生の夏から画塾に通いだしました。私の学校は美術の授業も、美術部もありませんでした。なので、デッサンをしたり、何かを創ったりしたことがなかったため他の人より不利な状況からの始まりでした。しかしそんな私を中村先生をはじめ、たくさんの先生方に鉛筆の削り方から描き方まで様々なことを教えてもらいました。第一志望には受かることができませんでしたが、それでも受験を通して多くの貴重な体験をすることができました。私を支えて下さった先生方、親、そして受験を通して切磋琢磨してきた仲間や先輩方。本当にたくさんの方の協力や応援があったからこそ、合格することができたと思います。辛く、時にはなげだしたくなる時もありました。しかしここまでこれました。本当に感謝しかありません。ありがとうございました。

岸

  私が高3の時は高校が忙しく、デッサンをするということを考えられず、AO入試は受験しませんでした。しかし、浪人が決まった時にせっかく1年あるので、チャンスを増やそうと思いAO入試を受けることを決めました。デッサン自体全く初めてだったので、とても不安でしたが、画塾の先生方が1から丁寧に教えて下さいました。なので、自分が上達していくことが分かり、楽しくデッサンを学ぶことが出来ました。そして、志望校の対策もしっかりとしていただき、本番に焦ることなく挑むことが出来ました。合格発表で自分の番号を見つけた瞬間はとても嬉しかったです。この1年は私にとってとても価値のある1年になったと思います。もう1回チャンスをくれた両親や指導して下さった画塾の先生方、ずっと応援してくれた人達には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!

渡部

  私は真面目にデッサンと向き合いだしたのが夏期講習からでした。それ以前からも無料体験や学校と連携した講習などで画塾にはお世話になっていましたが、あまりデッサンというものが好きではありませんでした。夏期講習での猛練習でデッサンの基礎が分かるようになって次第に楽しく制作することができ、一日の制作時間ああっという間に過ぎていくようになりました。そしちえ、緊張感のある空間で作業ができたおかげで集中して制作することができ、たくさん成長することができたと思います。丁寧に指導してくださった先生方のおかげです。本当にありがとうございました。

真鍋

  私は高校3年生の9月まで部活をしていたため、画塾に通い始めたのは10月からでした。周りの同級生は私よりも前から通っている人が大半で、当たり前のことだけど私との画力の差が大きく開いていました。その事に加え、デッサンについては全くと言っていいほど知らなかったため、とても不安でした。しかし、デッサンを重ねるにつれて、小さかった構図も大きく入れることができるようになったり、モチーフそれぞれの色の違いを出す事ができるようになったりしました。このように成長できたのも、先生方のご指導のおかげです。ありがとうございました。

園田

  画塾に通いはじめた頃は不安でいっぱいで、デッサンの基本もままならない感じでしたが、毎日通い、先生方からの心強いアドバイスを受けることが不安な気持ちが自信へと変わっていきました。画塾でデッサンをしている時は、きついときもありましたがとにかく志望していた大学で学生生活を送っている自分を想像し、気持ちを引き締めていました。画塾の先生方のアドバイスは厳しいものもありましたが、必ず良いところもいってくだっさていたので、ノートに全てかきとめ、デッサンを始める前にいつも見返していました。そうすることで言われたアドバイスに気をつけながら描けるし、ほめられたところをもっとのばそう!と自分の絵を描く活力につなげることができました。たくさんのありがたいお言葉、ご指導を本当にありがとうございました。

服巻

  私は夏期講習会等には何度か画塾に通いましたが、本格的に通うようになったのはセンターが終わってからです。センターの得点率が半分をしめる佐賀大が第一志望だったのでセンターまでは勉強メインで、週一で地元の絵画教室にかんたんな基礎を教わったり、美術の先生にみてもらいながら過ごしていました。センターが重要なのは分かっていましたが、ほかの画塾の生徒や受験生よりも圧倒的に絵の経験値が足りていないんじゃないかという不安はありました。けれどこの画塾で今までにないほど短期間でデッサンの枚数を描いて、先生方の指導のもと、今までよく分かっていなかった弱点も分かるようになってきました。日曜日以外はほとんどのコマが画塾で埋まっていたのでよく休まなかったもんだと自分をもねたいと思います。